順繰り

画像


今朝のお日様。

円い光がとてもたくさん写っていた。

節分と関係あるのかな?



画像






自分の子育ての頃を振り返る時、思い出すことのひとつを書いてみる。


二人の幼い子を連れて、生協の配達された品物を1階から自宅のある3階へ持っていく。

階段をちょっとずつしか上れない子たちと、重い荷物を運ぶのは、結構骨だった。

時々隣家のお母さんが、いつのまにか玄関前まで持って行ってくださっていた。

それがとてもありがたくて、お礼を言った時に、

今の自分にとってはたいしたことではないけど、気持ちはすごくわかると言われた。


それから暫く経って、子どもたちが幼稚園に通うようになって身軽になった時、

お隣で赤ちゃんが生まれた。

やはり生協で配達された品物が入ったその方のバスケットを、上に持って行ってあげることが時々あった。

すると、とても感謝された。

以前の私が言ったように、お礼を言われた。

私の気持ちは、以前自分が言われたように、大したことではないけど、気持ちはすごくわかるよ、

ということだった。


そうやって、次の世代に順繰りに受け継いでいけばいいのだな、と思った。

というか、自然にそうなっていくのだろう。

でも今の時代、プライバシーの侵害、とか、言われちゃうのだろうか?




孫が誕生して、自分が親からされたように母子の世話をしていたら、お礼を言われた。

でも、順繰りなのだよね。

寧ろ私がしてもらったほどにはできていなかった。

頭痛持ちで腰痛持ちの母が私にしてくれたことが、どんなに大変なことだったのかと、感謝の気持ちが募った。



画像