ひとりごと

P7110502.JPG

11日の朝、トンボがミニトマトの茎にじっと止まっていた。


ブログの設定が変わって、機械音痴の私には少しハードルが高くなってしまった。

ももちゃんの写真も表示されなくなったし。

でも、私にとっては、ここは大事な独り言を書ける場。

もうしばらくお世話になります。

でも、少し整理しないといけないかな。


風邪がはやっているけれど、ただ咳だけの場合は、長い湿気によるものの場合もあるそう。

空気を殺菌って、何かの薬剤に安易に頼るのもどうかと思う。

その化学物質が菌やウィルスだけでなく、自分自身にとっても有害かもしれないと、知らべてみる人は少ないに違いない。



今朝のTVアナウンサーの服装は、偶々なのか、黒い服の人は見かけなかった。

この前の芸能界の偉い方が亡くなった時は黒だった。

自然とそうなったのだろうけれど、両方を見比べると何となく違和感があった。



有名なターシャさんという、素敵なガーデニングの本で知った女性のことをテレビで見たことがある。

季節ごとに大切な作業があって、それはガーデニングというよりは、食に関することの方が多いような印象がある。

それらは、私からすると、とても手間がかかって、大変な作業。

普通、多くの主婦は買ってきて済ませると思う。


少し前の地方の男性たちも、家の修繕は自分でやるしかなかったであろうし、家畜を飼ったり、ガーデニングの範疇に入ることも、奥さんと一緒に作業しただろう。

外国の男性なら、家を建ててしまうことも珍しくはなかった。


特に日本では、効率や成果を優先した結果、かなり世の中の分業が進んだように見える。

定年を迎えた時、仕事をする必要がなくなった男性たちは、趣味以外には活躍の場はなかなか見つけられなそうだ。

効率を優先して、簡単に何でも買ってきて済まさないで、何でも自分で本当の素材で丁寧に生活することをしていくと、老後も興味ややりがいを感じながら、毎日を過ごせるのではないのかな。

適度に体も自然と動くことになるし、人との思わぬつながりができてきたり、張り合いを感じたりできそうに思う。

認知症になる暇もない。

生活することを人任せにすると、途端に味気ない老後になってしまいそうだ。


最近、そんなことを考えていた。

私は還暦過ぎても仕事が続きそうだけれど。

それが不満というわけでもない。

若い頃には想像もできなかったような、貴重な経験をさせてもらっている。

もしかすると、潜在意識ではそれを望んでいたということなのだろうか?



しばらくお日様写真が撮れていない。

今度は何時だろう?




P7100489.JPG


一時枯れそうだったビオラが、咲いてきた。





2回ずつ?

P7060469.JPG

名前を忘れてしまった。
春の花が咲いていた。



今日は、とても弱い頭痛と、気になる気持ち悪さがある。
夜になると気にならなくなるのは、太陽の位置と関係あるのかな?
他にも、太陽の何かのせいで具合が相当悪そうな方が。。。


この前は、親戚で不幸が続き、35年以上キッチンで私たちを見守ってくれた時計が壊れた。
それからガス機器が不調で、エラーメッセージが173。
2年くらい前にも、同じ数字が出て、取り替えたのに。
修理のしようのない、なんでもなさそうな状況なのに、数字のメッセージがやってくる。

どうしてこういうことって2回続くのだろう?
前にもそう思った。


ビオラの花がもう一度咲き、ヒメシャラは蕾をたくさん残したまま、咲く日まで待機しているようだ。
冷夏になるような予報が出てきた。
でも、水不足の心配はもうないだろうから、夏はちゃんと暑くなってくれても、もう大丈夫。

感謝ということ

画像


26日のお日様。




伊豆で地震があった日の朝、早々に閃輝暗点が始まった。

でも、ちょっといつもと違う感覚。

軽い頭痛と、特徴のある気持ち悪さが、夕方まで続いた。

その特徴のある頭痛は、閃輝暗点のあとに起こるかか、そうでなければ長ければ24時間以上続くことになる頭痛。


私は頭痛持ちというわけではないので、睡眠不足や酸素不足が思い当たることがある。

それも全く思い当たらないような場合は、そのあと中規模以上の地震が起きる。


何か、太陽フレアの影響とか、地殻が圧迫されて特別な電磁波でも出ているのかな、または人工的な何らかのエネルギーなのかもしれないと感じる。


その日も、偶々見た時計が、12:35であったことが、2回続いたので、12:34なら要注意だけれど、
それは、危険は過ぎつつあるというメッセージだと思っていた。

でも、夕方伊豆半島で起きた。

中央構造線上で。



画像


季節を間違えてか、ジュリアンが咲き出した。

ヒメシャラも咲いている庭に。





最近親戚の、まだ若い人が前触れもなく他界した。

まだまだ家族に必要とされていて、本人も生きたかったのだろうに、どうしてこうなるのだろう?

そう思っていたら、丁度、読んでいる本の中に、人が亡くなる時、潜在意識は、亡くなることを誰でも100%了承していると。

周囲の人も、潜在意識ではその人が亡くなることを受け入れているということになるのだろうか。

顕在意識では、とてもそうは思えないのだが。










昨日、一昨日、久しぶりにお日様写真を撮れて、とてもうれしかった。


先日、訳もなく、何だか今日はポジティブな気分で過ごせているなと、少し不思議に思いながらも心地よさに浸っていた。


夏至の前々日くらいかと思うが、夜、太陽の写真の本を読んでいた。

読み始めたら止まらなくて、時間は遅かったのにどんどんページをめくってしまった。

きっとそのせいで波動が高まっているのだと、あとで確信した。


エネルギーが強いので、夜は開かない方がいい気がする。

心の中がとてもあったかくなる。


それを読んで、思い出した。

暫らく前に、見た夢をここに書いたことがあるが、広いトイレに便器がたくさん並んでいて、それをすごい勢いでわき目もふらずに掃除している女性が出てきた。

きっと、本当に掃除してくださっている方もたくさんいらっしゃるのだろうけれど、それは、人間たちが様々な形(物も想念も)で地球を汚しているのを、なんとか自然に戻して、きれいな状態にしようと、働いてくださっている存在の姿を見せられたのだろうと思った。



何度か読んだことだけれど、他の文明の、進んだ惑星では、人々は惑星には住まず、上空か、宇宙空間でとても大きな宇宙船で生活するのだそうだ。

惑星を汚さないために。

最初、そこまで必要だろうかと思ったけれど、愛が大きく育つと、そこまでの考えに至るのだろう。





この頃、私は両親のことをよく思い出している。

今でこそ感謝しているが、生前は特別仲良い親子というわけではなかった。

でも、後で思い返すと、本当に自分が愛されていたことは疑いようもない。

有難いとしか言いようがない。


誰かへの感謝の気持ちは、結局自分を必ず高い波動へと押し上げてくれている。

そこに気が付くと、もしかしたら、今の時のために、自分はその素晴らしい両親を選んで生まれてきたのではないかとさえ思えてくる。

どんな時でも、非の打ちどころのない感謝の気持ちに包まれるからだ。

今、その気持ちが私を助けてくれている。

落ちて行かないように、高みに引っ張り上げてくれている。



画像


水道

画像


マリーゴールド




夫がアーシングに嵌っていると、前に書いた。

室内でアース線につなげられないときは、水道の蛇口につなげればよいと聞いて、納得したことがある。

大きな地震が起こる前に、よく地面が大きく波打つように感じられる経験をしている。

それは水道で水を使っている時であることががほとんどと言っていい。

ごく稀に、銀行でATMの前に立ったときにも、同じようなことが起こった。

もしかしたら、ATMにもアース線がつながれているのかもしれないし、強い電流にも、水道と同じような作用があるのかもしれない。


家族が立て続けに山形県の南部を訪れたのは、約2年近く前の事だそうだ。

以前にも、どこか急に気になって不思議に思う地域があると、そこが揺れるということがあった。


今回の大きな地震が起きて、アーシングの知識とつながると、なんだか同じようなことが起こっているのではないかと思えた。

地球はアーシングで人間の余計なエネルギーを吸収してくれる。

地球のある地域の、充満しているエネルギーを、人間が感じ取ることによって、少しは放出を助けることができるのではないか。

何か、その地域とご縁ができて、思いを馳せると、それは「思い遣り」となる。

思い遣りは癒しとなる。


思いの持つエネルギーは、目に見えないが、アーシングは電流計で測れる。

思いを数字で表すことはできないかもしれないけれど、それはまだ人間の科学が十分発達していないせいだ。

思い遣りはエネルギーを与えることができる。



先日の雲は、今日の未明の千葉方面の地震だったようだ。


茅ヶ崎が気になるのは、もう落ち着いた。




画像


今年2回目の開花。

レウィシア




















今朝の雲

画像



今朝の雲は、東から南くらいの方向から、なにか押し返されているような形だった。

新潟の方ではなかった。


津波が来ませんように!

被害がありませんように!



丁度、鶴岡の辺りから新潟方面に、昨年だと思うが、家族が何度か行くことが重なった。

時々、ある特定の地域が何度も意識に上る。

今日は茅ヶ崎。


以前は震度3がたまに起きた程度だったけれど、最近はM5では驚かなくなった。





白いお日様?

画像




今朝のお日様の光。

いつもと違い、真っ白でまん丸の光が写る。




画像の検索をしたら、八重咲きのどくだみが出てきた。

斑入りの葉や、八重咲きは、稀少価値があるという。

私が知らないだけで、突然変異というわけではなかった。



今年は、いろんな植物の咲く時期が、例年とは異なる気がする。

バイカウツギの花が咲き始めたが、今年は何故か極端に小さい。

その横では、薔薇が、昨年まで元気がなかったのに、花束のように房になって、とてもたくさんの花をつけている。

しかも、第2弾が爆発的に咲いている。




イギリスの庭園のように、宿根草や木の花を、ずっと同じくらいの大きさで管理するのは、日本では無理だ。

夏には特に、すぐにジャングルになってしまうことだろう。


季節ごとに花の苗を買ってきて、たくさん植え替えるというのは、最近は、これでいいのかな、と、疑問に感じる。

自然の山は、どうしてあんなに美しくて、気持ちがよいのだろう。


画像













紫陽花

画像



紫陽花が色づいてきた。



豊橋の友人のところでも、紫陽花が色づいたとメールをもらったが、今年は雨が少ないらしい。

その数日後に、yahooで、そのあたりのダムの貯水量がゼロだと、ニュースになっていた。

その後は少しは降ったのだろうか?


コスモスが大好きなその友人は、水不足で十分に水やりができないのが、気がかりだったのだろう。

とても優しくて、芯はしっかりした人。

丁度コスモスみたいだ。


西日本に前線が通り、まとまった雨になりそうだ。

どこにも、丁度よく降りますように。




画像



どくだみの花が、突然変異を起こしたのかと、気になっている。

散歩道の、土手の一角だけ、普通のどくだみではないらしい。

八重の可愛らしい花が咲いている。

これなら雑草と言われないかもしれない。


庭では普通のどくだみが、これでもかと咲き誇っていて、いつになったら草取りできるのかと気持ちが焦る。



画像



5日の夕陽。

随分日が長くなった。


この頃、さまざまな、びっくりすることが起こりつつ、何とかなっていくみたいだ。

そろそろ落ち着きたい。








薔薇が咲いた

画像


今朝のお日様。


感謝の心が湧いたとき、身も心も明るくなる。

其思いの消えるとき、不平、不満で心が暗くなり、世の中が狭くなる。



今日引いたおみくじに書いてあったこと。

久々に大吉だった。


一粒万倍日と知ってお参りに行ったが、今日はウエサクの満月でもあった。 



画像



この春は、気温が落ち着いていて、植物の花期が長く感じる。

ソメイヨシノも2週間くらい見ごろが続いたし、他の花々もそれぞれに長く咲いていた印象だ。


今はあちこちの通りのお庭で、薔薇が花盛り。

家の青い薔薇も、ついに咲いた。

いつもの大好きな薔薇も、大輪を咲かせた。



画像






令和の時代

画像




令和の時代が始まった。



上皇様と美智子様には、これまでの長い間のお働きに、深く深く感謝申し上げたい。


天皇陛下と皇后様には、明るく新しい風を感じる。

この頃の雅子様の笑顔が、とても素敵だ。






今朝、神棚に向かって祈る時、何故か自然に、今までと祈る順番が逆になった。




世の中の命あるもの、意識あるものが皆仲良く共に栄えていくことができますように。

家族やその周りの方たちすべてが、仲良く健康で幸せに暮らすことができますように。


いつもありがとうございます。






私はどう生きたいのだろう。

明確には、未だにわからないのだ。

でも、外せないことばは、みんな仲良く、という、小学校の教室に貼ってありそうなことばだ。




画像










空模様

画像


14:45頃、北西の空。

波は西からのようだ。




今日の昼過ぎ、自分の部屋に行ってデジタル目覚まし時計を見ると、12:34だった。

久しぶりに4桁続きだと思って、もう一度よく見ると、その時が56秒だった。

6桁揃った。





画像


22日11時頃。





アーシングの続き。

人との関係で、どちらかが勢いで勝っているような時、電子の流れが起きているのだろうか。

エネルギーを吸い取られるというのも、こういうことなのかもしれないと思った。

奥が深そうだ。




画像



ナナホシテントウ。



今日は蝶を何匹も見かけた。











アーシング

画像



16日のお日様




夫が最近、アーシングに嵌っている。

自分の体を計測すると、アーシング後は、一桁は下がる。

私にはあまり感じられないが、夫はアーシングすると、とても体調がよくなるそうだ。

電子が移動するのだという。



一つ思い出したことがあった。

ネガティブな気持ちのまま、ペットに触れてはいけないと、何かで読んだことがあった。

そういう気持ちを、ペットは吸収してしまい、体調を崩すと。

私はよく気持ちを立て直せないまま、ももちゃんとハグして、慰めてもらっていたな。

それはきっとよくなかったことだろう。

ももちゃんはとりわけ優しかったから、たくさん吸収してくれていたのだろう。


地面にアース線を引けなくて、鉢植えのサンセベリアからアース線をひいても、とても効果があった。

サンセベリアはすごい。

地球に近い。

または、地球に心がつながっている。


画像


13日。

庭に一羽だけ蝶がやってきて、芝桜の蜜を夢中で吸っていた。

寒さのせいなのか、こんなに花盛りなのに、その後も蝶を全く見かけない。

昨年の秋の、トンボの少なさを考えると、蝶も減ってしまったのではと、悲観的になってしまう。


画像




このところ、穏やかということばに目がいく。

いろんな文章に出会った。

今までは理解はしても、自分の気持ちはそれとは別だった。

でも、今回は、自分が恥ずかしくなるような文章だった。

心の垢がはがれて落ちていくようだ。



画像


13日の朝、改めて雪をかぶった山と、桜。







鳥の巣

画像


6日、近所の土手の桜。




まだ寒い頃に、土手の桜の木にカラスが巣を作っていた。

でも、その後その巣でカラスが子育てしている様子はなかった。

多分場所を変えたのだろう。


同じころ、家の小さな庭に、キジバトが度々やってきていた。

何度か巣を作り、卵を抱いたことがあったが、無事に孵ったことはまだない。

カラスにやられたり、猫にやられたり。

だから、巣を作りそうになると、ハラハラする。

今年は巣を作る気配はないようだ。



画像


3日の桜。




今朝駅のホームで、先週あったキジバトの巣が、何の痕跡もなく取り払われていることに気が付いた。


暫らく前に、小さめの体の番が、プラットホームの天井の梁を、木の枝をくわえて歩いていた。

その先には既に巣ができかけているようだった。

その後、一度だけ卵を抱いているらしい一羽と目が合ったことがあった。

もう10日くらいになるだろうか。


あまりに人が多いから、嫌になってよそへ移ってしまったのだろうか。

それとも、糞を落とすから、苦情が出て、撤去されたのだろうか。


人が棲む場所から、野生の生き物は遠ざかる。




画像


確か、ピンクのマーガレット?

少し違う。




なかなか雛が無事に巣立つのは見れないものだと、そう思っているから見れないのかもしれないと、ちょっと思った。

今度から、ちゃんと巣立っていくのを見たい、と、希望する。

そして、ずっと前のテレビコマーシャルのように、ライオンとシマウマが抱き合って涙するような、みんながお互いを思い合う世界が、きっとくる。

現在そうできない理由は、恐れなのだということが、何かで読んだことはあったけれど、少し理解できた。



画像




今朝のお日様。








感情を昇華する

画像



今日のお日様と光。


この頃、虹色の円が多くなったようだ。



画像



母が好きだった椿。





感情をよく味わい、こういう時はこういう気持ちになるものなんだ、...と理解すると、意外なほどあっけなく強かった感情が消えていく。

たまにそんなことがある。

これがいろんなことを乗り越えるヒントなのかもしれない。



画像



ロベリア








今日は71

画像


気温は低めだけれど、桜が咲き始めた。




今日は一粒万倍日だからか、とても不思議なことがあった。

お買い物をした、金額の下2桁が、3回続けて71円だった。

これはメッセージだと思った。


今日はとても大事な日みたいだ。

どんな気持ちで過ごすのかが。



私は愛の中にいたいな。

愛の空気の中にいたい。

こんな抽象的でもいいのかな?

でも、とてもそう思っている。


気持ちを切り替えないと、病気は治らないよ、とも言われている気がする。

根っこは一緒だ。



画像


ぴょいちゃんは、季節の変わり目の不調を乗り越えた。

もうすぐ17歳と8か月。



画像


こちらは、木瓜。




数字・夢

画像


15日のお日様。



今日に日付が変わって、部屋のデジタル時計を見たら、12時34分56秒、

それから、本を読んだりして、振り向いて時計を見たら、12時55分55秒。


金曜日は5桁の続き数字を2回見ていたし、何か数字が主張している。

何かしらの浄化? 変化?



画像







今朝、父の夢を見た。

冷蔵庫に入っている、あふれるほどの鮭を処分しなければ、という夢。



高波動になれば、自然と不食になっていくものらしい。

健康を求めて断食するのとは、少し違っているみたいだ。



画像



洗濯洗剤のことで、環境に優しいものを使ってもうまくいかなかったが、マグネシウムで洗うのが、殺菌もできて排水管もきれいになって、一番良さそうだとわかって、それを使うようになった。

柔軟剤のきつい匂いからも解放されている。














気になる数字と食生活

画像


やっぱりお日様は3本足。

今日のお日様。



22日から気になりだした数字がある。

22日に、2回見かけて、気になった。

それは41。


今朝銀行の窓口に行って、番号札を取ったら、また41だった。

仕事で見る数字も、1と4の組み合わせが目について、気になる。




画像


今日はちょっとだけ夕焼け。






このところ、歯茎に菌が入って、おたふく風邪のように腫れてしまって、難儀をした。

きっかけは別として、このところの食生活がいい加減だったから、ひどくなってしまったと感じた。

優秀な先生の診療と、思いつくあらゆる栄養源を食した御蔭で、先生も驚く回復ぶりだった。

それから、たまたま今週末は家に籠り、一人で過ごしたので、疲れようがなかった。

それから、勿論天使さんにもお願いした。


ちゃんと体のことをもっと大事に考えなさい。。。。。

そういわれている気がする。




よく、一日一食しか摂らない方のことが話題に上る。

そういう健康法もあるようだけれど、以前テレビで見た、若い女性のダイエットや、老人の栄養失調とは、一体何が違っているのだろう。



画像


この春最初に咲いた小さな水仙。




















順繰り

画像


今朝のお日様。

円い光がとてもたくさん写っていた。

節分と関係あるのかな?



画像






自分の子育ての頃を振り返る時、思い出すことのひとつを書いてみる。


二人の幼い子を連れて、生協の配達された品物を1階から自宅のある3階へ持っていく。

階段をちょっとずつしか上れない子たちと、重い荷物を運ぶのは、結構骨だった。

時々隣家のお母さんが、いつのまにか玄関前まで持って行ってくださっていた。

それがとてもありがたくて、お礼を言った時に、

今の自分にとってはたいしたことではないけど、気持ちはすごくわかると言われた。


それから暫く経って、子どもたちが幼稚園に通うようになって身軽になった時、

お隣で赤ちゃんが生まれた。

やはり生協で配達された品物が入ったその方のバスケットを、上に持って行ってあげることが時々あった。

すると、とても感謝された。

以前の私が言ったように、お礼を言われた。

私の気持ちは、以前自分が言われたように、大したことではないけど、気持ちはすごくわかるよ、

ということだった。


そうやって、次の世代に順繰りに受け継いでいけばいいのだな、と思った。

というか、自然にそうなっていくのだろう。

でも今の時代、プライバシーの侵害、とか、言われちゃうのだろうか?




孫が誕生して、自分が親からされたように母子の世話をしていたら、お礼を言われた。

でも、順繰りなのだよね。

寧ろ私がしてもらったほどにはできていなかった。

頭痛持ちで腰痛持ちの母が私にしてくれたことが、どんなに大変なことだったのかと、感謝の気持ちが募った。



画像










一年の計

画像



散歩道にて。



明けました。

おめでとうございます。



元日から来客もあり、一年の計は元旦にあるというなら、今年は忙しい年なのかもしれない。

けれど、悪くない一日だった。






暮れに、また印象的な夢を見た。


夢の中の、2軒先で火事があり、自宅も燃えそうな状況で、私は会社の同僚とその娘さんと一緒に、古い二階建ての日本家屋の自宅の中の二階にいた。

燃え移るまで時間に余裕がありそうなので、必要ななものを持ち出そうとしていた。


無事に避難してから気が付いたが、日常的に必要な衣類とか、特に好きなものを持ってきたが、お金と、仕事関係の大事なものと、アルバムを持ってこなかったことに気が付いた。


そんな夢だった。



未弐の夢事典さんを見てみると、火事の夢は必ずしも悪い夢ではなく、火は暖かく、愛のような、灯のような、良い意味もたくさんありそうだ。




今年はどんな年になるのかな。

どんな年になったら嬉しいだろう。


画像



今年も、氷の花が咲いている。

















目の夢

画像



ポインセチア





今朝久々に、夢を見てうなされていた。

でも、そう悪いことではないのかもしれない。



そういえば、家を建ててからこのトイレはまだ使っていなかったと、夫や娘とそのトイレに入ってみる。

4畳半位のまっさらな新しいトイレで、棚の上に何故かFAXが置いてあり、書斎のようでもある。

通気口みたいなものが壁にある。

まさかここから誰か覗いていないよね、と、覗きこむと、、「目」が一つ見えた。

怖いと思ったら、今度は通気口の横の窓がガタガタいって、その存在がこの部屋に入ってきそうになって、パニックになっていた。



覗いていたのは、神様だったのかな。

いつも神様だけは見ているのだろう。

どんな時でも神様とはつながっているそうなので。


トイレの神様は位が高いのだとか。

あとで思い出してみると、怖い目ではなかった。









一皮むけたかな?

画像



19日の夕方位だったかと思うけれど、今までで一番激しい動悸が、ほんの短い時間起きた。

今年詳しく検査していただいたので、心臓は全く異常ない。


でも、地震の前触れという気もしなかったので、どうしてだろうと、今日になってずっと気になっていた。

2時間くらい前にPCを開いたら、昨晩からそのままだったページに、答えが載っていた。





愛犬ぴょいちゃんを見ていて、自分の思考が老犬に影響を与えていることに気が付いた。

自分が自分の世界の中のぴょいちゃんの状態を決めている。

ある程度、本当にそうだった。

多分、そういうふうになっているのだ。


自分の考えの通りに、世界はなっている。

信じられないことに。

だから、起きていることは自分に全て責任がある。

自分の考えが変われば、世界がかわる。

ホオポノポノの本に書いてある通り。




画像



天使のことなんて、私には書けない、と思っていたら、数字725がやってきた。

それでも、書いたことは、それはそれで良かったらしい。


今日は、いろんなことを悪い方に偏って解釈する癖を、自分に感じた。









父の夢

画像


今朝のお日様。




久しぶりに見た夢は、父と町を歩いている夢だった。

知らない街だが、自宅の近くらしい。


夢の中では、しばらくぶりに来たのだから、お墓参りに行こうかと、私は誘おうと思っていた。


未弐の夢事典さんで調べたら、亡くなった父親が姿を見せるのは、いいことの起こる前兆らしい。

楽しみに待つことにしよう。





そういえば、昨日、また思わぬところで、449に遭遇した。

私には、知識とも言えない程度のことしか書けない。


画像



16日の朝。

白い地面は凍っているところ。













天使さんのこと

画像



14日のお日様。





一昨日頃まで、思い浮かべる数字が449が続いた。

なので、私の、「天使」 に関する知識を、書いておこうと思う。


私は天使を見たことはないし、話したこともない。

何かの本やネットサイトを読んで得た知識をつなぎ合わせて、今現在理解していることを書いてみる。


多分、天使さんたちは、困っている人を助けるのは大好きなのではないかと思う。

でも、勝手に人助けをするのは、その人の成長のチャンスを奪うことになるので、制限されているらしい。

地球人の誰かが、助けて、とお願いすると、助けることができる。

地球人の誰かが、他の人を助けて、とお願いしても、助けることができる。

それでもやはり、せっかくのその人の成長のチャンスでもあるので、そのチャンスを阻害しない範囲で助けてくれることになると思う。

だから、私は誰かのために祈るときは、「お節介にならない範囲で精一杯、助けてあげてください」と、お願いすることにしている。

天使さんは、お願いされるのが大好きで、手ぐすね引いて待っているのではないかと感じる。

遠慮せずにお願いした方がいいと、よく物の本には紹介されている。

天使に限らず、高次元の存在は、いくつにも分かれて存在できるので、いろんな事をいろんな人が同時にお願いしても、たくさんの人のところに行くことができるという。

神頼みと同様、「天は自ら助くる人を助く」 だろうけれど。




私は霊感はない方だと思うので、めったにないことだけれど、以前ここにも書いたような、ちょっと困ってそうな霊のような存在を感じたことがほんの何回かあったけれど、そういう時は、天使さんにお願いすることにしている。

きっと困っている霊のことは、天使さんたちは全力で助けてくれると思う。



昨日からは、223が思い浮かんでくる。。。



画像



15日のお日様。



今朝の気温は-3度。

最高気温は5度台。

朝の寝室は7度。


真冬のようだ。

明日からは少し季節が戻る。


ミニトマトが凍らないように、ブルーシートを買ってきて、掛けた。

ちょっと遅すぎたかもしれない。



画像



今朝9時過ぎ頃。

霜柱が融けない。













富士山の夢

画像


11月10日のお日様。




近頃、夢が鮮明だ。


逆に、地震予知や体感のことを書かなくなってから、PCのCDケースが勝手に出てくることがなくなった。

省力化かしら?

本当に危ない時は、教えてと伝えた。
(誰に...?)






今朝の夢は、印象的な光景だった。


富士山の真上だけ青空になっていて、他はとても広く、日本列島がすっぽり入るくらい広く、分厚い雲に覆われている。

その下は、たくさん雪が積もっているか、強風かもしれない。

雪は癒し。

風は浄化?

きっと、悪くない夢。



画像







人形のピンクの靴

画像



高尾山




出張の切符を買いに行って、駅のエスカレーターを下りながら、ちょっとだけ見えるビルの上の時刻が11:11で、
事務所に帰ってからよくよく切符を確認したら、11号車の11番の座席だった、という状況なら、
それは数字のメッセージだと感じる。

目覚まし時計に目をやった瞬間に、9時33分33秒だったら、やっぱり何か不思議なメッセージだと思う。

数字のメッセージはそんな風にやってくる。


画像


昨日のお日様。





しばらく前の、ちょっと変わった夢。

夢の最後に出てきた、小さなピンク色の靴が、意味がわからなくて、ずっと考えていた。

それは、リカちゃんかバービーちゃんの靴のような、小さなピンクの靴なのだが、
何故か3個ずつ二つのビニール袋に入れてある。

夢の中のストーリーと関係なく、突然出てきて、そのあと目が覚めた。

何日も考えたけれど、良く分からず、それから思いついたことは、
このところ、カメラの中で、お日様は3本脚だということ。
以前は2本脚だった。

お日様の足は外側にいくに従って細くなっていくから、多分そんな小さな靴でも大丈夫なのだろう。

それが2組あるということが、更に意味不明だった。
もしかしたら、本当に太陽は二つある?

ピンクは、宇宙の愛の色なのだそうだ。

お日様写真でもピンクの丸いのがたくさん整列して写っている。





新月も満月も、そういう日は、何か予定が入って、大勢に会うことが多いように思う。

今回は家族が全員集合だった。








ありがとう

居眠りしていたらしく、公開されていなかった。


10月12日頃のこと。



画像



6日のお日様。





親戚で集まる機会があり、血縁て本当にありがたいな、と思う。

みんな両親、祖父母、ご先祖様の御蔭。



でも、アフリカの一女性から人類が始まったのだから、多分人類みんなが血縁者。

みんな兄弟だよ~ 



画像



6日、カワセミに会った。





数字・夢

画像




画像



昨日のお日様。日付が変わったので、一昨日のお日様。

とても光が強くなっている。

お日様のすぐ下の光がいつもと違う。

両側には龍の髭のような、光の筋が。。。




数字の羅列は、7の次に5が来て、1が来た。

4桁の数字。

1234も、このところ何度も来てる。


今夜携帯を開けたら、いきなり11.11 22:22だった。


数字が主張しているというか、私が注目するから答えてくれているのか...??





小田さんの曲を、最近またよく聞いている。

伝えたいことがあるんだたしかなこと」 という曲を何度も聞いていたら、もしかしたら、もっと深いことなのかな、と、感じられてきた。

歌詞を読みながら、よく考えてみたい。







画像



先日の、雨の高尾山。


紅葉台付近。






数日前に、明け方の夢の中で、唐突に廃屋の中にいた。

焦った。



今朝の明け方の夢は、もっと変わっていた。


夕方仕事から自転車で帰るが、駅前で駐輪場を探す。

確か地下にあると思って、見つけた薄暗くてだだっ広い駐輪場にとめる。

前日発熱と蕁麻疹が出たので、駐輪場の手前にあった内科に行こうとしていた。

でもその前にトイレに行きたいと思って、内科の正面のトイレに入ると、便器が20位並んでいるのを、誰か見知らぬ若い女性が、物凄く必死な形相で一心不乱に掃除してくれていた。


ここまでなのだが、複雑すぎて、解釈できない。





木星がいて座に入って、これから1年間は大幸運期だそうだ。

私は、ここ数日、何故かいつになく自己主張している。

思っていることがあると、黙っていることができない。


コミュニケーションが必要なのかな。

1年後が楽しみだ。

そのころ私は幸せの中にいるし、関係あるみんなをそこへ一緒に引き連れていく。。。つもり!










7が来た

写真がUPできない。

ご機嫌が悪いらしい。残念。。。




今朝の夢。


目覚める前に、書類か何かの通し番号が、7777だった。

今朝も、昨日?の朝も、77手まで、と、将棋番組が言っていた。


ネットの地震掲示板も、入力すると全部の文字が7になってしまうと書いてあった。


7が押し寄せている。



自分が自分の世界を作っているということは、私が7を意識しているから起こっていることなのだろうか?

不自然なほど押し寄せている。






夢の話

画像



2日のお日様。





明け方の夢。


体育館の中で、ダイナマイトの直径20センチ位の丸い玉を新聞紙でくるんで、浅い形の段ボール箱に6個ずつ詰めていく仕事をしていた。

ダイナマイトだと認識しているのだが、打ち上げ花火のような、ざらざらした表面で、薄茶色で、漫画に描かれるような導火線はなく、危険なものとは、自分では思っていない。



ノーベル賞がニュースになっていたので、そんな影響もあるのかもしれない。

「未弐の夢事典」さんを参考に、よく考えてみると、自分の問題と感じていたことが仕舞われていくということなのだろうかと思った。

仕舞うは、終うでもあるので、もう大丈夫ということ?


沢山問題(爆弾)がありそうだったけれど、全部箱に仕舞われていくところだった。


6というのは、ドリーンバーチューでは現実という意味のようだ。




画像




28日のお日様。








お日様の光

画像




未明の台風、当地はすごい風が吹いた。

今朝のお散歩の時、土手に木が根元から倒れていた。

倒れた木の天辺に、灰色の鷺がながいこと立っていた。

見張るのに都合がいいらしい。



倒された木の悲哀と、鷺の強かな生命力。



ここより西側では、公園などでもっとたくさんの木が倒れたようだ。


今度は25号?

もう今年は十分です。

弱まるか、必要なところへ行ってあげてください。





画像



お気に入りの薔薇。

雨が降り続いて、サンカヨウのような透明な花びらに。



画像




28日のお日様の光。


眩しく濃い白色。



画像



30日のお日様の光。

上の光の玉が虹色。











連休

画像




今日、お日様写真を撮っていたら、いつもと違うことに気付いた。

左の光のところを中心に、光の模様が様々に動いていた。

まるでオーロラのカーテンのようだと思ったら、縦横さえも向きが変わったり模様の形が線ではなくなったりと、どんどん変わっていった。

雲が多かったので、それほど日の光は強くはなかったのだが。

初めてのことだった。





画像




昨日今日と、何年も前に家を出ている娘のものをいろいろ処分していた。

自分でやってくれれば良かったのに、結婚直前まで仕事が忙しかったり、そのあとは少し遠くへ嫁いだので、なかなかまとまった時間をとれずににいた。

写真を取り分けたり、裁断する書類をより分けたりするために、目を通しているうちに、娘の青春時代を疑似体験しているような気持ちになった。


小さい頃は一生懸命育てた。

その後は放任過ぎたかな。

淋しい思いをさせたかな。

壁に突き当たっていたであろう時期があった。

それでも立派に、一人前の社会人となり、数年して巣立っていった。


偉かったね、と、言ってあげたくなったこの二日間だった。

こうして客観的に振り返ることができて、良かった。

私にとっての子育ての総括。



画像