中くらいの蜘蛛の話

画像




10日のお日様。



今朝のお散歩の途中、カタツムリが道路を横断していた。

西から東、あるいは北西から南東へ。



今朝は丁度心臓の辺りが少し痛かった。

丁度この場所、ということ?

またはすぐ近く。





画像




この前眠ろうとしている時、部屋のカーテンに、普通より大き目の蜘蛛がいた。

3センチくらいの、灰色の蜘蛛。


以前の私なら、掃除機で吸い込んでしまったが、ティッシュペーパーでつまんで外に出すにはちょっと大きすぎて、悩んだ末に、眠っている間に近くに来ないように、また、家の中でなく外に出て行ってくれるように、心の中で話しかけて、すぐに眠ってしまった。。



翌朝は部屋の中に見つけることはできず、気が付いたのは半日過ぎたころだけど、廊下で動かなくなっていた。

大きさからすると、あの時の蜘蛛だと思った。


どこかに潜んでいて、うまく外に出られたら出て行ってくれるだろうという程度に期待していたが、違った形で蜘蛛はいなくなってくれたのだ。

ちゃんと、いなくなるよと、教えてくれて。



家から出て行って、とお願いしたことは、いけなかっただろうか...?

ちょっと罪悪感を感じてしまった。




画像



今年も、ミニトマト。